エアーズガーデン新浦安 スカイレジデンス

  • 物件概要
  • 現地案内図
  • 来場予約
  • 資料請求

次世代型防災レジデンス

エアーズガーデン新浦安:トップページ > 次世代型防災レジデンス

毎日の安心が生活の質を高める。次世代型防災レジデンス。
NEXT STANDARD
「安心」を語るための、先進かつ最新のプランニング
液状化対策「SAVEコンポーザー工法」
本計画では液状化対策として、建物本体下とライフライン部の地中に砂を圧入することによって、地盤の締固めを行い、密度を増大させる静的締固め砂杭工法(SAVEコンポーザー工法)を導入。これにより大地震時の際の地盤液状化の被害を軽減するよう配慮しています。同様の工法は羽田空港内などの大規模面開発でも施工されています。また敷地外でも浦安市の災害復旧工事等により、道路や配管などライフラインの液状化対策が施されています。
〔SAVEコンポーザー工法 ]
〔SAVEコンポーザー工法実績レイ ]
〔SAVEコンポーザーの施工方法 ]
SAVEコンポーザー工法概念図
改良地盤のメカニズム
RESERVE
必要な資材を備えた防災設備を設置
建物内に設置予定の「防災倉庫」には、自家発電装置や停電時対応ランプをはじめとする災害備蓄品など、万一の際に必要なアイテムをストックする予定です。また、その他の共用部にAEDやかまどベンチをご用意しています。
※備蓄品の内容は多少異なる場合があります。
防災倉庫 ポータブル型発電機
AED(自動体外式除細動器)かまどベンチ
防災トイレ WELLUP(非常用飲料水生成システム)
WELLUP(非常用飲料水生成システム)
非常時に安全な飲料水を供給
「東日本大震災」や「スマトラ沖地震」でも活躍しています。
LIFE LINE
災害用発電機によるライフラインの確保
共用部照明
共用災害時のコミュニティ活動の拠点となる共用部で、停電時でも照明が使えるよう配慮。夜間などの不安な状況でも、一部灯りがつくことで安心感につながります。
災害対応共用部トイレ
停電時にはトイレの給水ポンプが停止し、使用できなくなりますが、共用部の一部トイレは、水道局直結給水なので使用を可能にします。
災害・停電時に対応する
災害時などの停電時でも約5時間エレベーターや給水ポンプ、共用照明(一部)、オートロックセキュリティを稼働することができる自家用発電装置を導入。重要なライフラインの確保に努めています。
STRUCTURE
耐震性を高めた杭基礎構造
杭基礎構造概念図
SAVEコンポーザー工法で地盤改良した上で、安定した支持層(下総層群・第1砂層)まで場所打ち鋼管コンクリート杭を構築しています。杭はその先端を拡げることで大きな支持力を得られる拡底杭を採用しています。
高い強度のコンクリート
約100年の強度と耐久性
建物主要構造部のコンクリート耐久設計基準を、1m²あたり最大3,600トン(最小3,000トン)の圧縮にも耐える高耐久コンクリートを採用。これにより大規模補修不要予定期間としておよそ65年、併用限界期間として約100年の強度と耐久性が認められています。
※供用限界期間とは :期限内に大規模な構造修繕を行えば、さらに延長使用可能となる期間を表わしています。なお、大規模修繕不要予定期間とは65年間メンテナンスが不要であることを保証するものではありません。
耐久性を高めるコンクリートかぶり厚
コンクリートを劣化させる原因となるコンクリート内部の鉄筋の錆を防止するために、鉄筋を包むコンクリートの厚さ(かぶり厚)を十分に確保。高い強度を保てるよう配慮しています。
しっかりとした壁構造
遮音性に優れた住空間
外部からの音の侵入や隣戸間の生活音漏れを低減し、遮音性に優れた住空間を保つため、壁構造に配慮。建物外壁は150mm以上、住戸間の戸境壁は180~200mm(エレベーター周り)と十分なコンクリート厚を確保しています。
耐久性を高めるダブル配筋
ダブル配筋概念図
外壁・戸境壁には、鉄筋の組み上げ精度を高め、耐久性及び乾燥収縮のひび割れを極力抑止するダブル配筋を採用しました。
天井・床構造
二重天井構造
天井をコンクリートスラブと仕上げ材の間に空気層を設けた二重天井構造とすることで、リフォームやメンテナンスが容易になる構造としました。
地震時にも安心な対震ドア枠
対震ドア枠
地震時の影響で玄関ドアが歪み、開閉できなくなって避難経路が遮断されることのないよう対震枠を設置。万が一の際にも開閉できるよう配慮しています。
国指定の機関が認定する「住宅性能表示制度」
「住宅性能表示制度」
マンションの性能が等級や数値等でわかりやすく表示されます。「エアーズガーデン新浦安」は「設計住宅性能評価書」を取得済。完成時には「建設住宅性能評価書」を取得する予定です。
AFTER SERVICE
安心のアフターサービス体制
安心のアフターサービス体制
お引越し後も住まいの品質を見守るアフターサービスを実施。竣工後6ヶ月・1年・2年目に定期点検を実施するほか、様々な項目で保証期間を設けています。

※掲載の建物完成予想CGは、現地10階相当から撮影したパノラマ眺望写真(平成26年10月撮影)に加工を施しています。合成した建物完成予想CGは計画段階の図面を基に南側・東側の外観立面完成予想図を描き並べたもので実際とは異なります。なお、外観の細部・設備機器・配管類等は一部省略又は簡略化しております。タイルや各種部材につきましては、実物と質感・色等の見え方が異なる場合があります。また、今後変更になる場合があります。※掲載の写真は参考写真です。概念図は設備・仕様をご理解いただくための概念図ですので、予めご了承ください。

PAGE TOPへ